岡山県の方言について

岡山で話されている方言というのは一体どのような言葉かピンとこない方も多いと思います。一般的にお隣、広島県の言葉の方がイメージとしては何となく浮かびやすい気がします。然しお隣の広島でも広島市内の言葉と岡山に近い福山では言葉が違い、福山弁は岡山弁に近いと言われています。その岡山も東には兵庫県がありますから、岡山の東の方では関西に近い言葉ということになるのでしょう。

それではもう少し具体的な岡山弁のイメージを例を挙げてお伝えしましょう。例えば「ちょー」という言葉ですが標準語ではというか、一般的に若者が使う「ちょー」というのはとてもと言う意味ですが、岡山弁の場合はむしろ逆の意味になります。若し「ちょー疲れた」と言った場合、一般的な意味ですと「とても疲れた」という意味ですが岡山弁で同じ「ちょー疲れた」と言うと「少し疲れた」という意味になります。仮に標準語を話す若者の中に岡山弁の人が混ざっていたとすると、間違った意味が伝わってしまうことになりますね。